Posts Tagged ‘ARM’

Raspberry Piを動かす電源(その1)

土曜日, 3月 8th, 2014

車載させるにあたってちょっと事前調査。これが良いのではないか? というモバイルバッテリーはあるけど、まずは手持ちのものを調べてみる。
Raspberry PiにGPS(ND-100S)、UVCカメラ(C920)、キーボード・マウス用のドングル(MK270)、WiFi(GW-USNANO2A)をつないだ状態で使うことを想定している。

Panasonic QE-PL201
NOOBSのsetup開始から5時間30分ほど動いて電源断となった。
残念ながら給電中に充電はできない。(取扱説明書から)と、書いてあったけどできたらラッキーくらいの勢いで給電側もつないでみたが、やはり電源供給が止まってから充電が始まった。
12946710775_e5345cd594_o


SANYO KBC-L2B
取扱説明書を読む限りは充電しながら給電できる。と書いてあるけど現実はうまくいかない。カメラとGPSをぶら下げているから充電が給電に追いつかないだけかもしれない。充電時にどのくらいのアンペアが流れているか調べて見る必要がある。
12949688343_3d26ed6135_o


カメラ、GPSを接続してRaspberry Piへの供給アンペアを見ていると0.9Aを記録した後再起動することがあり、2A供給できるようなモバイルバッテリーでないと安定供給は難しいかもしれない。sshが切断されたりhttpが繋がらなかったりする事もある。電源がすべて悪いわけではないと思うが、GPSとUVCカメラはUSBハブから電源取った方が確実ではある。

ACアダプタ付きのUSBハブにカメラ、GPSとWiFiを逃すとRaspberry Pi本体は0.4A以下の使用量で安定する。この状態ならKBC-L2Bでも行けるかもしれない。

motionで動体監視する(ちょっと前から最近まで)

金曜日, 3月 7th, 2014

自宅内や玄関先をUSBカメラやAndroidのスマホを使ってリビングのタブレットに常時写したり、motionで動体感知して動画をGMailに送ったりしている。
しばらくの間USBカメラ(主にLogicool QCam Pro 9000)を使い、Core i3のLinux PCを常時稼働して使っていたが、去年の夏くらいからAndroidのスマホをカメラ代わりにしたり、もっと低価格で非力なRaspberry PiとUSBカメラを使ったりしてきたのでまとめ。

  • オリジナル
    Ubuntu12.04を入れたPCに、USBでLogicool QCam Pro 9000を接続。主に玄関先に設置して誰か来た場合にメールを飛ばすよう設定、添付する動画はiモード携帯でも見れるようにffmpegで3gpに変換、受信できるファイルサイズ2MB以下の動画のみを送るようにしていた。
    PCはNUCを使っているので約30,000円程度、カメラは7,000円程度で購入。
  • カメラの追加(スマートフォンをカメラに)
    スマホやタブレットが余りだしてきたので、IP Webcamを入れてUSBカメラ代わりに使い始める。最初はmotionとはからめず、tinyWebCamで見るだけだったが、motion.confの設定でデバイスを「/dev/video0」ではなく、URIを指定したネットワークカメラを使うことができたので、motion経由で動体監視もはじめた。
    USBカメラの場合PCをカメラの近くに設置する必要があったりケーブルを這い回す必要があったりしたが、無線LANの電波が届きコンセント近くで電源供給が可能な場所であればPCとケーブルでつながっている必要はなくなった。
    ただし、スマートフォンをPCから100%制御できないのでいろいろやっかいなことが。再起動させるだけでもオリジナルの状態では難しい。root化して定期的に再起動させたり、taskerを使ってアプリの起動などを制御する必要がある。途中でアプリケーションエラーが発生してプロセスが終了しても今のところ手の出しようがない。(sshとbusybox入れておけばなんとかなるのかも)
    スマートフォン(使い古しなのでプライスレス?)
  • カメラの追加(ネットワークカメラの追加)
    ネットワークカメラに興味が出てきてDG-SP304Vなども購入してみたが、PoE給電が必要だったりと費用はかさばるばかり。ただし、熱暴走などは発生していない。安価に買えればスマートフォンよりも性能的には安心できる。
    ネットワークカメラ(17,800円)
  • PCからRaspberry Piへ
    CPUパワー的に無理だろうと思っていたが、Microsoft LifeCam StudioをRaspBerry Piに接続すると、10fps以下だが640×480のサイズでmotionを使い動体認識させることができた。
    PC同様メール送信も可能、motionの動画出力にaviコンテナのmp4を指定しておけば、Androidのスマートフォンであれば変換なしで動画再生可能ということもわかり、ffmpegで変換なしにそのままGMailに送りつけることにした。自宅内では有線LANで接続しているが、無線LANのドングルで接続しておけば電源となるUSBケーブルを接続するだけで運用可能。カメラと本体をどのように設置するかは悩みどころだが、スマートフォンと同じくらいに設置しやすくなる。
    モバイルバッテリーや太陽光電池を使えば運用範囲はさらに広がる。
    Raspberry Pi(3,300円、ケース1,000円、USB電源1,000円)、LifeCam Studio 1,012円。

12334199475_a8d4169808_o

Raspberry PiのRevisionが変わっている

水曜日, 3月 5th, 2014

BogoMIPSの値が2桁も違うけど何だろう。OSのバージョンが違うから計測方法も異なるんだろうか。

http://archive.linux.or.jp/JF/JFdocs/BogoMips/faq.html

2013/09購入

pi@hostname ~ $ uname -a
Linux hostname 3.6.11+ #538 PREEMPT Fri Aug 30 20:42:08 BST 2013 armv6l GNU/Linux

pi@hostname ~ $ cat /proc/cpuinfo
Processor : ARMv6-compatible processor rev 7 (v6l)
BogoMIPS : 697.95
Features : swp half thumb fastmult vfp edsp java tls
CPU implementer : 0x41
CPU architecture: 7
CPU variant : 0x0
CPU part : 0xb76
CPU revision : 7

Hardware : BCM2708
Revision : 000d
Serial : 0

2014/03購入

pi@hostname ~ $ uname -a
Linux hostname 3.10.32+ #648 PREEMPT Fri Feb 28 16:29:56 GMT 2014 armv6l GNU/Linux

pi@hostname ~ $ cat /proc/cpuinfo
processor : 0
model name : ARMv6-compatible processor rev 7 (v6l)
BogoMIPS : 2.00
Features : swp half thumb fastmult vfp edsp java tls
CPU implementer : 0x41
CPU architecture: 7
CPU variant : 0x0
CPU part : 0xb76
CPU revision : 7

Hardware : BCM2708
Revision : 000e
Serial : 0

Raspberry PiとPCと

月曜日, 9月 16th, 2013

今更ながらRaspberry Piを購入。本とセットで6,600円。本が3,000円なのでPaspberry Piは3,600くらい。Amazonで買うよりは安い。
ケースはAmazonで購入。SDカードそのほかはなんとかなると思って手持ちの余りを使うことにした。
簡単に動かすことはできたけど、しばらくするとキーボードが無反応になる。電源系? と思ってACアダプタをとっかえひっかえ試してみてもうまく行かず。
ふと、WILLCOM03のACアダプタを使ってみたところ数日間動かすことができた。
もしかすると、SDカードをちゃんとフォーマットせずに使い始めたからかもしれない。
これでPogoplugは引退かな。