Archive for the ‘DCC’ Category

LocoBuffer-USB

土曜日, 9月 26th, 2009

久しぶりにDCCの事でも。
PCとDCCのコントローラを繋ぐには、何かしらケーブルを使わなければならず、これまで探した中ではRS-232Cがほとんどで今さら感タップリだった訳ですが、USBは無いのかと思っていろいろ調べていたところ、LocoBuffer-USBというものがあるらしく、その名の通りUSBでLocoNetに繋いでD101と接続できるらしい。
ただ、blogやWebページで「LocoBuffer-USB」を検索しても、注文したとか届いたの写真はあるものの、その後続いていないのが気になる。おもしろくて更新忘れているのか、使えていないのか?
気になるけどやってみたいということで、ポチッと。

LocoBuffer-USBで検索した結果

JMRIとDCCと

水曜日, 9月 23rd, 2009

JMRIというjavaで書かれたDCCの制御をするソフトがあるらしく、最近日本語化されたらしいので、インストールしてみた。しかし、制御スクリプトのPythonはいまいち取っ付きにくくて苦手だ。

インストールしてみてKATOのD101と繋ぐにはなにを使えば…と思ってググってみるとまず出てくるのがRS-232Cって、どっかのダラダラblogにRS-232Cとかで繋いでいるのかよって書かれていた3年前からぜんぜん進化していないらしい。
DCCに熱が出たところで、永末システムさんの赤箱とやらを買ってみようかと思ったものの品切れ中。これならPCとはUSBで接続できるので、RS-232Cなんかと比べたらまだスマート。やっぱりDCCとはあまり縁がないな。

DCCで遊ぶ

水曜日, 1月 3rd, 2007

いい加減DCCをやってみようということで、KATOのD101、EF64とキハ82系で始めてみる。あまり興味はなかったが、半年間の間模型屋さんに「おもしろいよ〜いいよ〜」と言われつづけて夏のセールのときに買ってしまった。

なんだかんだKATOの制御機器を触るのもDCCを触るのも今日がはじめて。
最初にD101を開封。ACアダプタがでかいです。

さらに、なんだかコントローラの化粧パネルが浮いてます。これは一度剥がして貼りなおしました。輸入品って感じ。


マニュアルはペラ紙が数20枚、バインダー用の2穴は開いているけど、ちゃんと製本くらいして欲しい。輸入価格+KATOの儲け=販売価格となるので、価格を抑えたい気持ちはわからなくもないけど、マニュアルといい馬鹿でかいACアダプタといいパッケージといい、手を抜きすぎな気がする。
KATOのレールはデスクトップレイアウトにあるにはあるけど、すでにコネクタはTOMIXの制御機器に接続するためにちょん切ってある。いきなりコネクタ切るのも気が引けるので、ゴニョゴニョやって接続する。とは言っても、いつも不安定な接続にしておくわけにはいかないので、ひとつくらいKATO制御機器→TOMIXフィーダの線を作っておいたほうがいいかも。

今回キハ82とDCCデコーダのEM13も購入したけど、すでに入手してある2両のEF64(模型屋さんでDCC化されたものと、ヤフオクで安価に手に入れたもの)で遊んでみることに。
短い線路にカマを載せて、アドレスを入れてスロットルをひねる。このくらいまでならマニュアル見なくてもなんとかなる。フライホイールが効いているからなのかよくわからないけど、スルスルとすべるように動く。
ひとまず03(デフォルトアドレス)と、07だったので、どちらも1台ずつならちょっと変だな〜と思ったものの問題なく動くことを確認。

変だな〜というのは、前進、後進切り替えた時、素人考えではカマの一位側が同じ方を向いていれば同じ方向に進むのでは? と思ったこと。この2台は前進を選んでスロットルをひねると、お互いに違う方向に進む。通常のDC電源で動いている場合にはあり得ないが、1台のカマの向きを逆にすると2台とも同じ方向に進む。どうもDCCには向きが設定できるのかな? というのがうすうす感づく。マニュアルを見れば何とかなるでしょう。


ひとまず短い線路で動かすことができたので、エンドレスの内周にD101から出るフィーダーを繋いで走らせてみることに。
電源入れなければTOMIXのコントローラはそのままでも大丈夫だろうと思って、D101の線路給電のスイッチを入れたとたんキーンと高周波の音が、ヤバそうなので電源を切る。踏板型方向指示LEDがギラギラに光っていたのでこれを撤去、これで大丈夫かな? と思い再度電源ON。違う音の高周波が聞こえたのでまた電源を切る。どうもフィーダーから逆流した電気がTOMIXのコントローラN1000-CLに入っておかしくなっているらしい。メイン電源を入れてないのに緑色のLEDが点いていた。
怖いのでフィーダーとの接続を切って、三度D101の線路電源をON。今度は大丈夫そう。

2両別々の制御で走らせていて、うかつに連結してしまうと1台づつ止めるわけにいかないので、にっちもさっちも行かなくなる。一台停止させて、引きづられている間にもう一台停止させる。
なかなか難しい。続きはまた明日にでも。

DCCの遊び方

日曜日, 7月 2nd, 2006

少しわかってきた。
昨日今日読んだ限りでは、「カトーのDCCカスタムショップ」の説明がいちばんわかりやすかった。
「DCC普及協会ホームページ」は名前だけなのか、解説らしきことが全然書いてない。名前に負けているという掲示板でもよくある話か? 今後に期待。

■最低限必要なもの
1.デコーダ搭載動力車(複数あるとなお良し)
2.D101(コントローラ、その電源)
こんな所か。

デコーダを搭載した動力車1列車を、1つのコントローラで動かすならこれでOK。
これは簡単なのでわかりやすい。

■ジャンプ制御ってなんだ?
さっそくわからない。
1.D101(コントローラ)
2.手持ちのアナログコントローラ
3.デコーダ搭載動力車
4.デコーダなしの動力車

これだけ用意すると、アナログコントローラでデコーダ搭載動力車、デコーダ無しの動力車のどちらか片方を動かせるのはわかった。アナログコントローラでデコーダなしの動力車、D101でデコーダ搭載動力車を別々に動かせるのだろうか?

同様な質問があった。できるらしい。

□D101のジャンプ制御について
ttp://www2.realint.com/cgi-bin/tarticles.cgi?dcc1937+117

なるほど。今持っているコントローラとあわせれば、2列車(1列車はDCC制御、1列車はアナログ制御)ができるわけですね。それだけでも楽しいかもしれない。

■また疑問
1つのコントローラで、複数の列車を制御するのは難しいんじゃないの?
切替煩雑になると、「走らせて楽しむ」より、「ぶつからないか?」という心配の方が強くなってくる。

□D101についての質問
ttp://www2.realint.com/cgi-bin/tarticles.cgi?dcc1937+129

□D101についての質問(ほぼ同様の内容)
ttp://www2.realint.com/cgi-bin/tarticles.cgi?dcc1937+96

□KATOの製品紹介:DCCスロットル
ttp://www.katomodels.com/customshop/dcc_product/slot.shtml
在庫限り・・・。

なるほど。走らせたい列車の数だけコントローラ用意すれば問題解決。
模型屋さんも「コントローラは1列車1個が基本かな」という事を話していたがそういうことか。

■レールはKATOのユニトラックが良いのか、TOMIXのファイントラックでも良いのか
ttp://www2.realint.com/cgi-bin/tarticles.cgi?dcc1937+82
どっちでも良いらしい。

■TOMIXのポイントもDCC化できる?
ttp://www2.realint.com/cgi-bin/tarticles.cgi?dcc1937+5
できる。

ユニバーサルパネルってなんじゃい。
他にもあるぞ。
DE14
DE15(6Fx 汎用デコーダ)
SNJPN
DE8(4Fx汎用デコーダ)
4FX 完全独立ファンクション
F0-F12 及び方向制御
DP1(赤い箱)
PWM

わからない言葉がいっぱい。
続く。

DCCってなんじゃい

日曜日, 7月 2nd, 2006

簡単には知ってる。

一本の線路上で複数の列車の運転ができる。(簡単すぎるか)

駅構内で、キハの増結、解結(連結器を外す何かが必要だけど)、モーターを積んだ車輌のうち、1両を動かさないまま、もう一両を動かすことができる。本線から支線へ1両だけ走っていく光景とかが再現できれば楽しそう。
だけど、、、コントローラ?(操作するヤツ) デコーダ?(動力車輌とか、ポイントに載せてコントローラからの指示を受ける)を買わないとダメらしい。お金かかるし、おもしろいのか? 駅での入れ替え、貨車の入れ替えとか、かなりヘビーの人たちが楽しむものだと思ってる。
しかも、DCCの部品を売ってるお店って いきなり基板の写真とかを載せて機能説明しているから取っつきにくい。いきなりICとかむき出しの基板見せられても、「コレイイかも!」とか普通買わないと思う。
しかも、自分でハンダ付けをしないとダメとか、敷居が高すぎ。高い動力付の車輌を壊すって。

最近というか少し前から、KATOから簡単にDCCのデコーダを取り付けられる車輌が発売され始めた。キハ82、DD51、なかなか良いラインナップ。でも、基本的にカトーの車輌は嫌いだったりする。
最初に買った模型がトミックスだったという事もあるけど、線路と制御機器はトミックス。車輌もカトーはちょっとデカめに作ってあるからあまり好きになれない。

ずいぶん前からおつきあいしている模型屋さんがバシバシ勧めてくる。カトーあまり好きじゃないとわかっているからか、そうじゃない情報をいろいろともらえる。

・鉄道コレクションの動力にも簡単に付けられる
・線路もポイントもトミックスが使える

まだまだですな。押しが弱い(笑)

個人的にやりたいこと、希望していることは、
・エンドレスの交換駅で2列車交互に運転→トミックスの自動運転ユニットで可能
・エンドレス上を複数の列車を走らせられるATS→そんなにでかいレイアウトがあるのか(作れるのか)という突っ込みはなし
・路面電車のダンゴ運転とか
・煩雑な操作はイヤ、Aの列車を制御して、Bの列車を制御して、Cの列車を制御して→どこかで事故っているって

でも気になるからぐぐってみたりして。車輌へのデコーダの取り付け方法とか、室内灯が点いたとか、その程度(失礼)で終わってしまっているところが多くて、面白みが伝わってこないのが寂しい。
そこで挫折したのか、継続しているのかもわからない。

パソコンからDCCの制御ができるようなものも売っているらしいけど、これもまだ調べていないからわからない。下の「0から始めるホームページ」にも話が出てくるが、デコーダ取り付けの後はいきなりパソコンと何かを接続した後で、話が飛びすぎていてイマイチ付いていけなかった。
模型屋さんからの情報でもあったけど、パソコンから制御もできるらしい。JavaとかVBでプログラムを書けば可能みたい。それならなんとかなるかも。
しかし、今さら接続するのがRS-232Cとかとか言われても、時代が・・・と思ってしまう。

続きはまた。

■DCC普及協会ホームページ
http://www.dccmodel.com/

■0から始めるホームページ
ちょっと興味が湧きました
http://www.ee.e-mansion.com/~egami/train/

■カトーのDCCカスタムショップ
http://www.railfan.ne.jp/kato/customshop/

■楽しそうです
http://homepage2.nifty.com/carthago/newpage75.html